クリニックの力を借りる|しつこいしわやたるみを撃退!クリニックの魔法

クリニックでしわとたるみを改善~自分に合った方法をチョイス~

クリニックの力を借りる

鏡を見る人

しわやたるみの弊害

しわやたるみがあると、鏡を見るたびに気分が滅入るという方は多いのではないでしょうか。そうやって落ち込んでいると余計に表情が暗く老け込んでいきますし、周りから見ても深いしわや目立つたるみは老けた印象を持つものです。人間とは不思議なもので、周りからそういう風に思われていると本人にも伝わって気持ちが老け込んでいってしまいますから、早めに対策を取るようにしましょう。
そもそも、しわやたるみができる原因は表情筋やそれを支える骨、そしてそれらを覆うクッションのような役割を持つ皮膚の老化によるものです。表情が乏しいと表情筋が衰えて垂れ下がり、骨は骨粗しょう症や老化によって段々と小さくなっていきます。それだけなら皮膚のハリや弾力によってカバーできますが、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力やバリア機能に関係する成分の減少によってしわやたるみとして表れるのです。つまり顔の筋肉、骨、肌などに問題を抱えているということですから、しわやたるみ以外のトラブルも起こりやすい状態だということを忘れないようにしてください。

しわやたるみを解消する最新の治療法

多くの方が悩めるしわやたるみの治療法は日進月歩で、日々新しい方法が開発されています。とくに、肌にメスを入れる必要がない照射系リフトアップ治療やPRP療法などが人気で、多くの美容クリニックで施術が可能です。
照射系治療とは、レーザーや光(IPL)、RFラジオ波、超音波などを照射するもので、何を照射するかによって表皮や真皮、皮下組織、筋膜まで作用するかが違います。例えば、RFラジオ波の場合は真皮層にまで届き、その刺激によってコラーゲン生成が促されるのです。照射系治療は短時間で手軽にでき、ダウンタイムがほとんどないので施術後にすぐメイクして日常生活が送れます。少しずつ効果が表れるので周りに気付かれずに施術が受けられますが、持続時間が短く、数週間~半年程度しか効果を感じられないことがほとんどです。最新のものほど効果は高くなっているので、定期的に施術できる方に向いている治療法でしょう。
また、PRP療法とは自分自身の血液から採取した血小板を濃縮して気になる部分に注射する方法です。手軽さで人気なヒアルロン注射が直接肌の弾力成分を補うのに対し、PRP療法は血液に含まれる成長因子によって細胞の修復・増殖を促し根本的な改善を目指します。自分の血液を使うので安全性が高い、採血して注入するだけの手軽な施術、施術後の違和感がなく目元などにも行えるなどの理由から人気急上昇中です。しわやたるみだけでなく、シミの改善やアンチエイジングに効くのも大きな魅力でしょう。

美容クリニック探しで気をつけるポイント

安心して任せられる美容クリニックを探すためには、以下のポイントに気をつけて探しましょう。
まずは口コミで評判の良いところをいくつかピックアップして、メールや電話などで相談してみてください。いくら技術が高くても、気軽に相談できなければ的確な治療は受けられません。食事や睡眠などの生活スタイル、普段行っているスキンケアの情報も重要ですし、肌に違和感があった時にすぐ相談できることが大切です。最近では無料カウンセリングを行っているところも多いですから、実際に会って話してみるといいでしょう。また、料金体系が明確で適切かどうかも確認しておいてください。どのような治療に対し料金はいくらなのか、薬代やカウンセリング料は含まれているのか、ホームページなどで具体的な料金が書かれているか調べて、自分が望む治療でいくらかかるのか比べてみましょう。料金がすべてではありませんが、ハッキリした理由がないのに安すぎたり高すぎるところはトラブルの原因になるかもしれません。最後に、アフターフォローや保障制度についてです。どんなに実績のあるところでも、肌に合わないなどの理由で赤みが出たりすることもあります。アフターフォローや保障制度について明記しているところなら、「そんな時でも誠心誠意対応します」という心構えがあるのはもちろん、そうならないように細心の注意を払ってくれるでしょう。万が一の時にも安心できるような美容クリニックを見つけて、ぜひ肌の悩みを解消してみてください。